読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブ 「LOVE LIVE 2015 Winter *Lantana in the Moonlight* 2日目」 その2

田村ゆかりLOVE LIVE 2015 Winter *Lantana in the Moonlight* 

その2日目のライブレポートその2です。

f:id:kuriste:20150220000625j:plain

 

ライブLIVE 2015 Winter *Lantana in the Moonlight* 2日目」 その1 - yukaritude(ゆかりてゅーど)

 

 

VHSを再生すると、はじまったのは・・・

 

 

神楽坂ゆかとバーチャルデート

  ~私を好き?編~

 

 

まだ辺りは暗い中、ゆかたんと待ち合わせです。

 

ゆか「おまたせしました、先輩!」

  「まだ3時ですよー」

 

(あれ、3時に集合ってどこかのラジオで聞いたようなシチュエーションですね。)

 

ゆかたんを車の助手席に乗せてデートに出発です。

ゆか「どこに行くんですかー?」

俺 「ちょっと遠いかな、寝てていいよ。」

ゆか「せっかく先輩とのデートだから・・・起きてたいです。」

俺 「じゃあ、行くよ!」

ゆか(zzz…)←横を向くと、ゆかたん、毛布に包まってすでに寝てました

 

(あれ、毛布に包まるってどこかのラジオで聞いたようなシチュエーションですね。)

 

俺 「ゆかたん、着いたよ!」

ゆか「う~ん・・・zzz、さん・・・ぱい・・・パイ、パイナップル・・・はっ!!」

  「わーー!雪!まっしろーー!!」

俺 「今日はスキーをしよう。」

ゆか「トレンディー!!私、スキー、好き!」

俺 「ははは(笑)」

ゆか「でも先輩、私、準備してないです。」

俺 「大丈夫だよ、レンタルがあるから。」

 

スキーウェアに着替えたゆかたん。どこで揃えたのか、なんとも昭和なコーデ。

 

ゆか「ナウいかな?」

俺 「ナウいよ!」

ゆか「私こうみえてスキー・・・初めてなんですー。お手柔らかにお願いします。」

俺 「わかった。じゃあまずリフトに乗ろう。」

ゆか「あー、ペアリフトですねー!フフフ!」

 

リフトに乗る二人

 

ゆか「ちょっと・・・怖いですね。くっついてもいいですか?」

  「リフト、いいですね。二人っきりで。」

  「・・・、先輩。」

俺 「なに?」

ゆか「呼んでみただけです!」

 

リフトを降りてゲレンデに立つ二人

 

ゆか「先輩、先輩、先に行って下さい。」

俺 「うん」

ゆか「せんぱーい、できましたー^^」

 

ゆかたん、何故かネーム入りのソリで颯爽と滑ってきました。

 

そして雪球を作って投げてくるゆかたん

新雪に飛び込むゆかたん

かき氷をつくってイチゴシロップをかけるゆかたん(?!)

 

ゆか「スキー楽しかったですね!」(いや、ゆかたんソリしかやってないしw)

  「私、お腹すいちゃった。」

テラスのある景色のいいレストランで、絵の描いた可愛いオムライスを食べる。

ゆか「このあとどうします?」

俺 「いいところがあるんだ」

 

案内した先は、「ペンギンビレッジ」という施設でした。

 

ゆか「あー!ペンギン!かわいーー!!」

俺 「・・・でも君の方がかわい(」

ゆか「私もペンギンになりたいですぅー!」

俺 (そうだよね・・・)

 

そして、ペンギンを撫でたり、アシカを操ったり、犬ソリしたりするゆかたん。

 

 たくさん遊んだあとは雪だるまつくり。

ゆか「せんぱーい、手伝ってください。初デートの記念です!」

  「かんせーい、雪だるま!」

  「雪だるま作ってたら・・・、手が冷たくなっちゃいました。」

 

両手を差し出して手を握るゆかたん

 

ゆか「また、デートしましょう。」

俺 「うん」

ゆか「絶対ですよ。この雪だるまがなくなる前に。」

 

ゆか「私、・・・先輩にゾッコンみたいです!!」

 

 

神楽坂ゆかとバーチャルデート

~私を好き?に連れてって編~

 

 

 

映像が終わって4月1日発売の新曲

 

17.好きだって言えなくて

タイアップ曲ということで明るくて楽しい曲調。

サビ部のコールは、 FuFu!派が3割くらい。クラップ派もいましたね。

どっち!そっち!

 

 

ゆかり「どうもー、さて・・・」

ゆかりんが向いている方の客席がFu!と言う現象発生)

ゆかり「・・・うつ向いてよーっと。」 \こっち向いてー/

   「ヤダ!」

   「(ハァ・・・)はい、ありがとうございます(棒)」

   「日々面白いこともなく、みんなは昨日東京泊まったの?」

   「あれとかやるの?・・・オ・・・フ・・会????」

   「ゆかりは、高校生の頃は光GENJI仲間がいたから4人で夜行バスに乗って」 

   「(夜行バス)今は快適なんでしょ?4列とか3列とかどういうこと?」

   \☆×△□!?/ \☆×△□!?/ \☆×△□!?/ 

   「あーーー、後ろ(ステージバック席)で知ってるひとー」

   \ ハイッ! /

   「ハイッ!って(笑)」

   『バスの縦長のところに4人で座れるのが( 』

   「縦長????」 

   「ゆかりが思ったのは、椅子を1人で4つ使えるのが4列、3つ使えるのが3列」

   「そんなに快適なら横になれるなーって」

   「3列の方がお高いんでしょ~?2列とかないの?・・・あるの?!」

   「同じバスで(何列かが変わるような)格差ないの?・・・あるの?!」

   「そーとーお高いでしょ~?東京ー大阪間が多いかな?いくら?」

   「4列4000円。3列8000円。2列12000円?!」

   「そこは倍・倍じゃないんだ。」

   「新幹線くらい高いなら新幹線乗ればいいのに。」

   「前の日行っても寂しいから?あー、“宿代が浮く”ね。」

   「やることないとき、駅ビルの椅子探さない?(笑)」

   「昼間にスーツの人が椅子に座ってて、この人何してるのかなーって。」

   「ルールつくって、一人来たらほんとちょっと向き合って仲間感だしたり・・・」

   「誰に向かって見栄張ってるんだろう・・・。」

   「ゆかりは高校の頃は友達4人・・・3人だった、自分入れちゃった(笑)」

   「1人で遠征するなら1人でも楽しいでしょ?」

   「1人で来た人も、一人旅の思い出できるといいね!」

 

18.純愛レッスン

19.ラブラブベイビーハッピースター

間奏部でメンバー紹介。ゆかたんも映像出演。

 

20.この指とまれ(初日:チアガール in my heart)

ステージバック席1階外周を回りながら、いつもより長めにHey!Hey!

 

21.Fantastic future

22.エキセントリック・ラヴァー

一度はけたゆかりんが赤いドレスに早着替え。

マイクスタンドを使って歌うゆかりんはSand Markを彷彿とさせます。

でも、間奏中はずっと下を向いてるし、なんとも不機嫌そう。

笑顔が見えたのは「♪みんなのアイドル~」のくだりだけでした。

見えたとは言っても、エキセントリック・ラヴァーではスクリーンモニターは電源オフ。

(ステージに注目して本当の私を見て)という意図があったのでしょうか。

 

そして歌い終わると同時にマイクスタンドを上手側に突き倒して、客席を見ることもなくいなくなるゆかりん。そしてバンドメンバーも撤収。

過激なシーンに歓声もあがりましたが、初日、私の周りは衝撃のラストに皆呆然。

「え・・・、これ、終ったの?」という戸惑いの声がちらほら。

なんとも挑戦的でこだわりを感じる演出でした。

ちなみに私はゆかりんを怒らしてしまったかと思い、よくわからんけど落ち込んでました。

制作サイドとしてはどのような反応を想定していたんでしょうね。

 

  

Ec1.バンビーノ・バンビーナ

Ec2.fancy baby doll

2番のサビ(世界一かわいいよ!のとこ)で間違えて(?)照れ笑いして膝から崩れ落ちました。

 

 

ゆかり「ごめんなさい!!久しぶりに間違えたー。」

   「調子乗って歌ってると自分が何番歌ってるかわからなくなる」

   「開き直ってないよ。開き直ってないけど。」

   「ゆかりが好きなアーティストさんがね、間違うと、ちょっと可愛いなーって。」

   \\ゆかりもかわいいよー//

ゆかり「いつの間にか、早いねー。」

   「ランタナ7变化じゃないけど、いろいろやってみたけど、進むの早いね。」

   「楽しい時間は過ぎるのが早いねー。なんか・・・さよならだね。」

   「そろそろ最後の曲です、えーって言われてもー。」

   「ということでSuper Special Smilling Shy girl

 

 

Ec3.Super Special Smilling Shy girl

 

お手振りコーナーでは、スクリーンや照明機材で見えないステージバック2階席に

センターステージでしゃがみこんで丁寧に手を振っていました。

 

ゆかり「今日はありがとうござました。」

   「・・・、私は、ネガティブな人間で、みんなに心配ばかりかけてしますけど。」

   「これからも、支えてもらえると嬉しいです。」

 

 

ゆかりん、ちょっと涙声でした。

確かに、去年からでしょうか。なんか落ち込んでる期間長いなとは思ってました。

武道館初日も、アンコール後のMCでバンビーノ・バンビーナに対して

「ゆかりの周りは嘘ばかりで、ゆかりも嘘つきだけど、この歌の世界は純粋でいいなって思いました」

そんなことを言っていて。

 

うん、まぁ、私がわざわざ書かなくても、きっとみんなが思ったことは一緒でしょう。

 

4月からのツアー盛り上げて行きましょう!(松戸落ちたけど!)