読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イベント「田村ゆかりファンクラブイベント2015 大阪公演」

2015年10月17日にグランキューブ大阪で開催された
田村ゆかりファンクラブイベント2015 大阪公演に参加したので、そのレポートです。

 f:id:kuriste:20151102024448j:plain

                     ※一部脳内補完なのはご了承ください。

  聖地巡礼も兼ねて大阪城に行ったのですが、日差しが暑くてすぐ撤退してしまいました。

おとなしくSsL映像化を待つことします。

 

食べ物としては、うどんの川福さんと、たこ焼きの蛸之徹さんに行きました。
蛸之徹さんは多分サインと写真あると思うんだけど、ライブやイベント時はどうしても
混んでてそれどころじゃないんで、空いてる時に行けたらちゃんと記事にしようかな。

さて、それは後日の話で、当日は会場後の現地入りだったため、ガチャ完売、物販も
いくつかは売り切れてしまっていたので、横浜でリベンジしました。

FC会員カード忘れて買えませんでした・・・。

 

 

例年より厳重な身分証チェックと持ち物検査&金属探知を行うと、去年と同じように
A~Dのカードをもらいました。まさかまたゲーム形式くるのか?
あと、MellowPritty特性のマジック(ゼブラの黒マッキー)が。

3年前のよみうりランドのようにイベント中にマジックで何か書くのかと思いましたが
スケッチブックも何もないし、終演後の手間を省くためにお土産を先に渡した体かな。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ちょっと押しましたが17:00頃に開演。
スクリーンに田村ゆかりファンクラブイベント2015の文字が映し出されると、
ゆかりんと桃色メイツ、ダンボール猫×2が登場。
ゆかりんの衣装は青色のアリスのような肩出しのドレスを基調として、スカートの
前面や胸は花柄のピンク色の生地で覆われてるようなそんな気がしたような。


1.Pleasure treasure
アニメではED、ライブでも雨のパンセの前で、なんとなく終盤の曲のイメージですが
どこで歌っても盛り上がる曲ですね。

 

2.恋するラズベリー
FiL辺りで歌ったような気がしたんですが、FCライブ以来なんですね。
コールはもやもや気味。

 

ゆかり「えー、こんにちは。」
   「今日は田村ゆかりFCイベント2015に来てくれてありがとうございます。」
   「最後まで楽しんでいって下さい。」


3.Little Wish ~first step~
キンスパ以来。やっぱりホームで聞くLittle Wishは格別ですね。次のツアーでは
是非セットリスト入りを果たして欲しい。

 

4.あのね Love me Do
サビラストのジャンプが相変わらずかわいい。SsL広島や福岡の方言Love me Do
思い出されます。
あと、何故かダンボール猫が8匹に増殖。一番下手側の猫キレッキレやな。

 

 

ゆかり「4曲聞いていただきましたー」
   「(ダンボール猫)メイツより多い…。」

ダンボール猫は足元にはられたテープ(立ち位置?)を剥がすのに悪戦苦闘。
桃色メイツがはけると入れ替わりでいつものように鷲崎氏が「どうもー」と登場

わっし「愉快ですねー」
ゆかり「リハのとき『ダンボールの人達』って呼ばれてた(笑)」
   「大丈夫?剥がせる?ダンボールとったら?」

   「これ誰?もうメイツが剥がしてるし(笑)」
   「みんな(注目して)見てるよー。」


テープも剥がし終わり、ようやく本編の開始です。


わっし「今年もFCイベントがはじまりました。1年ぶりですね。」
ゆかり「台風だったねー。なんにもなかったけど。」
わっし「大阪の人は結構多いのかな~?」

(手を挙げる人ものすごい少数)

わっし「俺の質問にはみんな興味ねぇな。」

わっし「今日は快晴ですね~。」
ゆかり「そうだね~。」
わっし「・・・。」
ゆかり「・・・。」
   「雨降るのはゆかりのせいじゃないよ!?」
わっし「じゃあ晴れるのもゆかりんのせいじゃないですね。」
ゆかり「・・・。」
わっし「田村さん停止した(笑)」
ゆかり「・・・・・・もっと楽な格好にすればよかった。(腕をちょっと挙げてる状態)」


わっし「今回は田村さんにゲームをしていただき、クリアしたら・・・」
   「田村ゆかり未公開シーンをお見せします!!」
ゆかり「うん、そんなのやらなくていいじゃん。未公開なんだから見せてあげれば。」
わっし「(田村さん、台本見て!台本!)」
ゆかり「えーー、すごーーい、みたーーい(棒)」
わっし「さすが田村ゆかり、芝居の基礎ができている!」

わっし「田村さん、景品がないとやる気が無い。」
ゆかり「違うよ?たまたま金目の物があるときにたまたま勝ってるだけです。」
   「言っとくけど、これ、正解しないと本当に見れないから。」
   「なんだかんだいって、映像みせたりしないからね。本当に見れない。」
わっし「昨今の声優イベントに警鐘を鳴らすようなイベントですね。」

 

わっし「それでは発表します。『ゆかりんキャッチャー』」

   「ルールはシンプルです。ステージの上から・・・」
ゆかり「パンツ?パンツ?パンツ?」
   「ギャルのパンティーおーくれーー!!」
わっし「違います。ティッシュが落ちてきます。」
ゆかり「なんか卑猥じゃない?(笑)」
わっし「それをキャッチして下さい。しかしいつ落ちてくるかわかりません。」
   「みなさんも、田村さんだけに集中しないように。」
   「落ちてきたら、『姫、ティッシュ!!』って。」
ゆかり「歌ってる時じゃなくてよかったね。」
   「♪あのねーでもねー 『姫ティッシュ!』《ダダダダッ!》みたいな」
わっし「それは情けか、まだルール説明してなかったですからね。」


わっし「では、まずは最初は『スポーツの秋!ゆかりん体力測定』
   「これからやる種目のうち、1種目でもクリアできればOKです。」
   「では、先にクリアしたら見られる映像のタイトルだけ、」
   「『撮りおろし映像 英語禁止 BBQ!!』
ゆかり「わざわざ撮りおろしました。」
   「神楽坂ゆかさんの英語禁止リハが楽しかったみたいで。」


わっし「第1種目『立ち幅跳び』・・・田村さん、わかります?」
ゆかり「立って・・・幅跳ぶ。」
わっし「因数分解しただけ。」
   「3回跳んで、跳べた分だけ前に進んでもらいます、3回で4mいってクリア」
   「田村さん、こういうの景品がないと本気出さないんで・・・パジェロです!」

 

※景品は跳んだ距離に応じてこんな感じ
0m→たわし・エンゼルパイ・ペンさん・誰かのMACパジェロ

 

ゆかり「無理でしょ。歩幅でココまでだもん。」
わっし「歩幅て、カールルイスの歩幅も8mないですよ。」
わっし「頑張ってください。もう(パジェロの)向こういったら世界一周クルーズ!
   「みなさん、ゆかりんさんはしばらく見れません。」
ゆかり「ネットあるのかな?」
わっし「あるでしょー。」
ゆかり「海の上だよ?あれでしょ。ドーン!ドーン!って」(?なんかの信号?)


ゆかり「踏んでいいんだよね(スタートに貼ってある)テープ。凸凹してやりにくい」

   (1回目)

   「えいっ (ちょこ)」

   \えーーーーー/

わっし「田村さんの膝どうなっての!!田村さんたわしGETです!」
ゆかり「難しいよ。わっしーもやってみて。」
わっし「(せーのっ)あれ、意外と跳べない。」

   (2回目)
   《エンゼルパイGET!!》

わっし「さっきより跳んでる!」
ゆかり「スタッフが(スタート位置を)増してくれてる。」

   (3回目)
   《ペンさんGET!!》


\\姫、ティッシュ!!ティッシュ!!//


ステージ中央にひらひらと落ちてくる一枚のティッシュ。
見事キャッチ成功です。


ゆかり「(このティッシュ)カピカピしてるんだけど・・・。」


わっし「それでは未公開映像をどうぞ」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   『あんね Love me Do


なんと、SsL福岡公演の方言Love me Doの映像!!(過去記事参照)
いつもドキュメンタリーで使われるような、ハンディカメラ風の映像です。

ゆかり「ブルーレイにはいってないの。なんか福岡と広島だけちょっと変えてて。」
広島公演verも公開!!うおおおおおおおお!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 

わっし「というわけで、幅跳びの方失敗です。次の種目『遠投ティモうさ』
   「10個投げて、合計60列以上でクリアです。」
   「みなさんは着席のままキャッチしてくださいね。」
   「普通に投げてもいいけど・・・くじもひけます。」
ゆかり「(くじの中には)バズーカとかも入ってる可能性もある?!」
   「とりあえず手で投げる。6列目ってどこ?」

   (5~10列目くらいの人が両手をあげる。)

わっし「さすがみなさん、だいたいどこらへんにくるかわかってますね。」
   「2階も盛り上がって!!」

ゆかり「前は気をつけてね。『ツルッ』てなって『ズドン!』ってくるから。」

わっし「それ(抱きかかえてるペンさん)受け取ります?」

ゆかり「片手で投げるからいい。」


1~3投目までは普通に投げて、7~8列目くらいに届く。


ゆかり「(4投目)くじ引きます。っ『鷲崎』」

   (1階2階とも後列まで両手を上げてアピール!!)

わっし「田村さん、今日いち盛り上がってますよ!!」

   (ゆかり、ディーフェンス、ディーフェンスして妨害)

わっし「邪魔しないでっ!」


飛距離はゆかりんと余り変わらず。


ゆかり「(5投目)っ『NATSUKA先生』」
   「パイナップルにはいってる人。本当はダンスリハのとき教えてくれる先生。」
   「悪ノリでパイナップルやってもらった。だからいつもキレッキレ。」
   「ごめんなさい、いつも気持ち悪いって言って(笑)」

NATSUKA先生、全身を使った見事なスローで最大飛距離記録。10列目越え?


ゆかり「(6投目)っ『パチンコ』」
わっし「いけますか?(ペンさんをお預かり)」
ゆかり「弾丸がでかいでしょ。あと、重心が(胴体・頭部で)2つあるから・・・。」
   「うりゃー!!」

記録:1列目


再びパチンコでチャレンジ
ゆかり「えい!・・・(ぽとっ)」

記録:0列目


   \もう1回!もう1回!/

ゆかり「えい!・・・(ちょこっ)」

記録:1列目

わっし「0から1です!短い時間で進化を遂げつ女“田村ゆかり”!」


ゆかり「(8投目)っ『ラケット』」
   「じゃあ(わっしーティモうさ)投げて?」
わっし「ノシ ゜」
ゆかり(空振り)

やり直して
ゆかり「結構いった!」


再びラケットで

ゆかり「えい!・・・(ぴゅ~ん)←ステージ端のスピーカー前あたり」
わっし「モニターの前って、JAM PROJECTじゃないんだから!」
   「あんな前いくのJAM PROJECTくらいです。」

やり直して
ゆかり「いった!意外といきますねー。」

ラスト1投
ゆかり「よいしょ~!スマッシュ!!」
   「カメラマン怯えてる(笑)」

合計列数集計中、ゆかりんはペンさんを抱っこして待機。

わっし「どうですかねー」
ゆかり「なっちゃんが頑張ったよ?」
わっし「でも0がありましたから。」

ゆかり「(暇だし)なんか飛ばす?」

くじびきの箱やラズベリーで使ったステッキをパチンコで飛ばそうとする。

ゆかり「なんかないかな~(ステージ照明器具をチラチラ)」
わっし「それダメです。」


そうこうしてる間に集計完了。


わっし「田村さん、奇跡です。これマジで?」
   「10回の合計が60列以上でクリアですが・・・」
   「61!」

   \うおおおお!!!!!/

ゆかり「ゆかりの1列は無駄じゃなかったんだね!」

 

わっし「続いての種目は『握力測定』!」
   「普通は握力計で測定しますが、くだものを握りつぶしてもらいます。」
   「わかります。食べ物を粗末にしてはいけませんよね。大丈夫。」
   「絞ったものはスタッフが美味しくいただきます。ミキサーもあります。」

おさだ「キングレコードの長田です。」
団 栗「FCスタッフのめろーどんぐりです。」

わっし「5つつぶせたらクリアです。」

くだもの(?)リスト
バナナ・レモン・柿・アボカド・トマト・豆腐・タコ焼き・蒟蒻


ゆかりんはピンクのエプロンをつけて再登場。


わっし「日頃の労をねぎらう気持ちでお願いします。」
ゆかり「どれがいい?」


1個目:トマト 

ゆかり「あんっ、なんとかいった!」


2個目:アボカド

ゆかり「かったい。片手でやらないといけないなんてルールあった?」
わっし「ありません!」
ゆかり「ん~、これ無理じゃない?・・・。(ガブッ!ガリッ!)」
   「ちょっと“にじ~”ってでてきた。」
   「んんん~(かじったところを爪で剥ぐ?)あ!どう?」

親指の爪分くらい皮が欠けた

わっし「いいでしょう。」

ゆかり「口の中が草の味なんだけどなんで?」
わっし「かじったからでしょ。」


3個目:バナナ

ゆかり「これ皮ごと?いける?」
わっし「バナナの食べ方知らない子みたい(笑)」
   「『コレ・・ガ、バ・・・ナナ??』」
ゆかり「2つに割る感じで(バナナをくの字にするように折り曲げようとする。)」
わっし「口に含んだバナナを『うえぇ~』ってやってるみたい。」


3個目を終えて~
わっし「もうかわいそうなのしかないけど、大丈夫ですか?」
長 田「(サムズUP!)」
わっし「キングレコードなんだからそこそこいい大学でてるんでしょ?」
   「まさかこんなことやらされるとは。」


4個目:こんにゃく

わっし「さぁ田村さん、こんにゃく芋に戻してあげて!」→簡単にクリア

ゆかり「どれが食べたい?」
長 田「タコ焼き!」

   \おおお~!!!/

ゆかり「(手の匂いを嗅いで)くっさい!こんにゃくくっさい!」


5個目:タコ焼き

→簡単にクリア

ゆかり「なんでタコ焼きって言ったの?」
長 田「ちょっと塩味が欲しいかなって。」
わっし「トマトがあるから塩が欲しいみたいな。」


そしてMellowどんぐりがミキサーで以下の果物とゆかり水をシェイク
①トマト ②アボカド ③バナナ ④こんにゃく ⑤タコ焼き


わっし「どんな気持ちですか?」
団 栗「 気 持 ち 悪 い で す 。」
わっし「自分が落ちる落とし穴掘ってるんだよ?」
ゆかり「この子は飲まないんだよ?」
わっし「そうなの?じゃあもう(バナナの)皮いれちゃえ!」
長 田「・・・。」


ゆかり「うわー、みるからにソースの色に染まってく。」
   「あれ、結構いい匂いする?トマトが強いかな。」
わっし「そうだよ。トマトとアボカドだからバーガー感ある。」
   「飲むバーガーだと思えば。」


_人人人人人人人人_
>  実 食 ! <
 ̄YYYYYYYY ̄


長 田「(ゴクリ・・・)くっさっ!!こんにゃくくっさ!!」
   「(ゴクゴクゴク)これは、タコ焼き正解でした。」

 

ゆかり「わっしー飲んでよ!・・・じゃあ舐めて!」
わっし「(ゴクリ・・・)あー・・・、舌触りは悪く無い。」
   「中からこんにゃくがでてくる。次つくるときは洗って下さい。」
ゆかり「そっか、アク抜きとかしてないよね?」

 

わっし「見事クリアしましたので、未公開こうか・・・ゲホッ」
ゆかり「未公開公開?大丈夫?」
わっし「未公開公開って初めて言った。未公開映像です。どうぞ。」

 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『撮りおろし映像 英語禁止 BBQ!!』

ゆかりん解説『英語禁止BBQ、それだけの映像。』

出演者
ゆかりん
・キングD 長田さん
・映像 佐々木さん
・振付 NATSUKAさん

紹介はありませんでしたが、谷聰志さんが現場を仕切ってらっしゃいました。

場所はどこかのBBQ場

《ルール説明》
・英語1wordにつき1ptプラス
・はじめに司令カードひき、司令達成出来たら10ptマイナス、2つ目は5ptマイナス
・司令はギブアップすれば新しいものをひける
・優勝商品AMAZONギフト300円分

参加者それぞれの司令はたしかこんな感じだったような…

ゆかり:まる焦げの肉を食べさせて怒られる・野菜を食べさせる
長 田:マシュマロを20個食べさせる・ゆかりんをトイレに連れ出す
佐々木:肉を食べない・ゆかりんと肩を組む
夏 佳:隣の人の肉を食べる・ゆかりんにビンタされる

 

谷さん「では英語禁止BBQスタートです!」

長田・佐々木・夏佳「「「イェーーイ!!!!」」」

☆1ptプラス


ゆかり「キャベツいります?キャベツ、キャベツ。」

佐々木「(おもむろにゆかりんの肩に手を回す)^^」
ゆかり「^^ ・・・。」

☆クリア!

新ミッション
佐々木:ギャグ×10


ゆかり「これ、はい。っ肉(焦げた肉を食べさせたい)」
佐々木「いえ、いいです。(肉をたべれない)」
ゆかり「どうぞどうぞ(焦げた肉を食べさせたい)」
佐々木「いえ、結構です。(肉をたべれない)」

×食べてもらえず失敗


長 田「ゆかりさんトイレ休憩しませんか。」
ゆかり「しないけど。」

×連れション失敗


ゆかり「(パタパタパタパタ)←炭を扇いで火力UP」
ゆかり解説『これすごい一生懸命肉を焦がそうとしてるの』

ゆかり「長田くんハイ(焦げた肉を食べさせる)」
長 田「ありがとうございます。・・・おいしいです。」
ゆかり「ハイこれも(焦げた肉を食べさせる)」
長 田「ありがとうございます。・・・おいしいです。」

×怒られず失敗


ゆかり「(焦げ肉の司令)ギブしていい?」
長 田「あの~、僕もギブアップしたです。」
   「『マシュマロ20個食べさせる』なんですけど・・・」
   「このマシュマロ12個入りです。」


新ミッション
ゆかり:ギャグ×10
長 田:ゆかりんに歌を歌わせる


ゆかり「この肉全然焼けないなー、ニクいなー。ニクいわー。」

佐々木「この鶏肉、取りニクいなー。」
ゆかり「!?(おい、パクるな!!)」

ゆかり「ハサミある?チキンをチッキン!」

佐々木「うわ!ハエ、早えー。」

ゆかり「この草くさーい。」

ゆかり「このお皿さらっといてー。」

ゆかり「この軍手、つけたらグンッてなった。(?)」

 

終了後、ポイント発表。

夏 佳:13pt
長 田:22pt
佐々木:7pt
ゆかり:3pt

谷さん「優勝はゆかりさんです!」

ゆかり「3000円もらえるの?やったー!!」

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


わっし「なに?軍手がグンって?」
ゆかり「普通はならないの。でも、あの軍手をつけたら、手がグンって(伸びた)」

わっし「あの人(長田さん)は、まる焦げの肉を食べて、こんにゃく飲んで・・・。」

ゆかり「(優勝について)みんな下手なんだもん。ゆかりを歌わせるとかも、」
   「『ゆかりさん、鼻歌歌いたくないっすか?』とか(笑)」
   「ビンタ仕掛けてこなかったし。」

 

わっし「『芸術の秋!ゆかりん画伯』」
   「時間内にお題に沿った絵を規定の枚数描けるかというもの」
   「見られる映像は『ネコといちゃいちゃコレクション』」


   \\姫!!ティッシュ!!//

 

ゆかり「ティシュだ!」
   「とれたー!成功?」

 

   \\姫!!ティッシュ!!//   \\姫!!ティッシュ!!//

 

ゆかり「あっちにも落ちてきたの?あっちにも?3つも?」
わっし「3つとも取れたら伊賀の者だよ。」
ゆかり「なんでゆかりが伊賀の者じゃないと思うの?わかんないじゃん。」
わっし「伊賀の者なら、言っちゃダメだよ。」

ゆかり「またカピカピなんだけど。」
わっし「本当だ、カピカピ。」


ティッシュキャッチで見れる映像は、

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『仁義なきカウベル


もうちょっとFall in Loveの間奏明けで鳴らす♪コンコン!
松戸~代々木までの総集編でした。
カウベルが気になるゆかりん、福岡ではついにカウベルを強奪。
代々木公演では専用ステッキをつくってもらいカウベルを鳴らしたという話。
個人的には新潟公演でGODが慌てて鳴らしてたのが印象的。


ゆかり「代々木はGODさんがいなかったの。でもカウベルだけ置いてあった。」
   「・・・GODさんの思念体??」
   「カウベルの音はマイクで拾うから、どうやって持つか難しかった。」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ゆかり「で、なんだっけ?」
わっし「お題に対して規定枚数描いてください」
   「お題はみなさんに選んでもらいます。」

A動物
B海の生物
C歴史上の人物
D昆虫

ゆかり「その場の面白さをとるか、映像をとるか。」

  [ C ]  [ C ]  [ A ]  [ C ]
ノ( ´∀`)ノ ノ( ´∀`)ノノ( ´∀`)ノ ノ( ´∀`)ノ

ゆかり「Aもいる、Dはいない。やっぱCかな。」


わっし「規定枚数は3分で10枚です。」
ゆかり「あー、おみやげにはいってるヤツで描こうー。」
わっし「流石、芝居の基礎ができている。」
ゆかり「なんでマッキーなのかわからないど。」


ゆかり「10人歴史の人がわからないかも(笑)」


わっし「スタートです!」

1人目:クリリンみたいななにか

わっし「解説は最後にしましょうか。」
   
   「3枚で2分経過しました。5分延長します。(あっさり)」
   
ゆかり「もう思いつかない。とりあえず顔を描く。」


1人目:額に反転のある坊主頭
ゆかり「大仏」

2人目:頭に黒い棒のある人
ゆかり「お札になってる人」
わっし「聖徳太子ですね。新渡戸稲造はそんな格好してない。」

3人目:頭にハートがついた人
ゆかり「兜にハートマークついた人っていないっけ?」
わっし「あ~!・・・ハートじゃありません。『愛』です。」

4人目:長髪の人
ゆかり「小野妹子。」
わっし「残念。小野妹子は男です。」
ゆかり「バンコラン?ってかバンコランぽい。」

5人目:犬
ゆかり「かわいいでしょ?スフィンクスだワン!」
わっし「・・・。」

6人目:縮れ毛のロン毛
ゆかり「これバンコランと同じくらい似てる」
わっし「誰ですか?」
ゆかり「ベートーベン」

7人目:なんかすごく見たことのある女の絵
わっし「これは・・・。」
ゆかりゆかり王国のお姫様!」


わっし「ということで、7人ですので映像は見れません!」

   \ええええええ~~~~/

ゆかり「(ホントに見れないって)言ったじゃん!みんな、面白さをとったんでしょ?」
わっし「いやいや、でもせっかくですし・・・。」
ゆかり「そういうことすると甘えるよ?温情措置?」
わっし「加工したらどうでしょう。」
ゆかり「どういう加工?」
わっし「くじがあります。」
ゆかり「っ『おじゃま虫』」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『ネコといちゃいちゃコレクション』
間奏中メンバー紹介の際にゆかりんがネコにちょっかい出してるシーンの総集編。
基本的にネコを押し倒している。

ハートちゃんとひまわりちゃん(SUNちゃん?)の絵が画面端からでてきて、
映像を隠すようにする加工が施されるが、それほど見づらいわけでもない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

わっし「続いては『荷造りチャレンジ』」
   「お客さんに選んでもらったお題に沿った荷造りをしてもらいます。」
   「成功してみられる映像は『涙の大合唱』」

 


A 田村ゆかりLOVE LIVE inアマゾン

B ファンクラブイベント inハワイ 


  [ B ]  [ A ]  [ B ] 
ノ( ´∀`)ノ ノ( ´∀`)ノノ( ´∀`)ノ


用意されたのは衣類やカメラやゲームなどなど無数のアイテム

わっし「こちらに様々な物があります。必要な物をキャリーバッグに入れる。」
   「キーワードのグッズがあるので、それは必ず入れてください。」
ゆかり「我々だということは考慮されているの?」
わっし「?」
ゆかり「ハワイならベタにビーチボール。でもこんなもの我々は持て余す。」
   「そういうこと考慮されてるの?」
   「ベンチがあったら座って、携帯ゲームを持ってれもう何もいらないんだけど。」


では荷造りをチャレンジスタート

ゆかり「ポンチョはいらないな。うさぎいる。チケットは必要。」
   「ゆかたんのグッズか。同じ人だから持っていってOK・・・なーんちって。」
   「(去年のFCイベTシャツ)これは・・・古参アピールになるからいらない。」
   「法被、お母さんアイロンかけといてくれたかな?」
   「メロプリブランケットは、ハワイの気候がわからない、いれとこ。」
   「パーカーは、これウサミミじゃないからいらない。」
   「アロハシャツ!法被と被ってるからいらない。」
   「デジカメは持って行っても撮る対象がない。」
   「(じゃがりこチーズと緑のたぬき)ご飯食べる場所わからないから必要。」
   「ハードディスクはいるでしょ!」
   「(うさぎのチャームのついた巾着)なんだろうこれいれとこう。」
   「パンツ!これ女モノ??怖っ、なんで、こわっ。」
   「何泊なんだろう、2、3泊?パンツめっちゃある。いれとこう。靴下も大量。」
   「あー、みつけた!うさみみパーカー!折りたたみ傘もいれる。」


わっし「では確認していきましょう。」
   「ハワイに行くわけですが、・・・革ジャン?」
ゆかり「エアーズロック行くから。・・・ないの?」
わっし「パーカーは常夏にいりますかね?」
   「靴下多いな。2泊で6個??パンツは4つ!でも着るものすくねぇ。」
   「法被、裸に法被着るのかな。すごいラッセーラー感。」
ゆかり「あと、テッテレー♪っHDD(USB対応)」
わっし「ブランケットは寝るやつ?野宿って、とろうよホテル」
   「カップ麺はグリーンたぬきですか。」
ゆかり「(巾着の)中、飴入ってるよ。これアマゾンに持ってくやつだ!」


わっし「それでは正解を確認してみましょう。」

・法被
・着替え3日分
・ハチマキ
・水着
・タオル
・サングラス
・日焼け止め
・英会話の本

わっし「そして、衝撃なこと言っていいですか・・・?」

・パスポート

ゆかり「あああああああああああああ」
   「ゆかり王国のでよかったの?」

わっし「しかし、スタッフ何を考えているのか。」
   「アマゾンの正解にパスポートはありません。」
   「アマゾンの正解は、」

・コンパス
・虫よけ
・ポンチョ

わっし「アマゾンをなんだと思ってるのか」

 

   『ボトッ・・・。』


    \??!!/


わっし「えー・・・、ポケットティッシュが落ちてきました。」

ティッシュチャレンジ失敗!!


    \ええええ~~~~/


わっし「荷造りチャレンジの方は、加工くじを引いていただきましょう。」
ゆかり「っ『おじゃま虫』 また?全部おじゃま虫?」
わっし「もう1回ひきましょう」
ゆかり「っ『サイズ50%』」
   「スクリーン大きいから別に大丈夫じゃない?」

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『涙の大合唱』(50%)

画面ちっさ!!!縦横サイズが50%なのが本当に悔やまれます。

Gratitudeでゆかりんが涙した広島公演の映像でした。
このツアー屈指の名シーン、これもBDには未収録だそうです。
歌い終わりのMCで記念撮影をしたところで、ゆかりんのナレーション。

『それでも・・・、グラチュはズッ友だょ!!』

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  わっし「つづきまして『姫を救え 配管工ゲーム』

マリオメーカーでスタッフがつくった特設ステージをプレイするというもの
制限時間5分でクリアして見られる映像は『英語禁止 ゲーセンで遊ぼう』

ステージは以下の4つから選択

A 海ステージ(キングレコード作) 
B クッパ城キングレコード作)
C 地下ステージ(メロプリ作)
D 地上ステージ(演出チーム作)

   
  [ C ]  [ D ]   [ D ] 
ノ( ´∀`)ノ ノ( ´∀`)ノノ( ´∀`)ノ


ゆかり「CとDが多いね」
わっし「キング信用されてねーな(笑)」
ゆかり「50%に懲りたんじゃない?ゆかりマリオ下手だよ。」

ということで演出チームのD地上ステージをプレイ
ブロックで『GO HAPPY YUKARI』と描いてあったる素敵なステージ。
もしかして、代々木公演お手振り中のレーザー演出と同じ方がたでしょうか。


ゲーム内容は、
・律儀にコインを取りに行って落下死
・リスタートできずにスタッフ招集
・死ぬと最初からでなく、死んだ周辺から再スタートできる模様。
・何度も失敗して落ちるところは、その再スタート制度を利用してちょっとずつ前進
・謎のスイッチを押すと足場が崩れて大量のコインが登場
・いっぱいコインは取れたけど、上に登れない。
ドッスン落ちてくる→この上に乗ればいいんだ→案の定つぶされる。
・隙間のたくさん空いた床はをBダッシュで駆け抜けようとするも、Bがジャンプ。
・Bダッシュを断念してGO HAPPY YUKARIのブロック上を行く
・文字の隙間に落ちる→再開位置も文字の隙間→落ちる→無限ループ
・→ゆかり「アトランチスみたいになことになった!」
・なんとか抜けだして3:39クリア!


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『英語禁止ゲーセンで遊ぼう』

BBQとメンバーは変わらず、FiLツアーの地方公演で登場した大慶園が舞台。

2000円持ち金で、1wordで100円追加というルール。

それぞれのミッションはこんな感じだったような。

ゆかり:ギャグ×10 アイスクリームを食べさせてもらう
長 田:会話に教えてAtoZをいれる ゆかりんに歌を歌わせる
佐々木:アイスクリームを食べさせる 靴の匂いを嗅がせる 
夏 佳:ツムツムをやる


ゆかり「100円、ひゃー食えん!」
   「(クレーンゲームで)お菓子取るなんておかしいよ!」

ゆかり「喉乾いたー(自動販売機の前)」
佐々木「(セブンティーン)アイス食べましょうか(アイス食べさせたい)」
ゆかり「じゃーこれ(アイス食べたい)」
佐々木「どうぞ」

_人人人人人人人人_
> 利害の一致! <
 ̄YYYYYYYY ̄


ゆかり「ぐいぐいくるから、なんか変だなって思った。」
   「喉乾いたって言ったのに、なんでアイス?って(笑)」


ゆかり「(景品の)クマがくまったー」
   「フクロウのぬいぐるみあったらこの袋にいれるのに」

ゆかり「(NATUSKAさんと)ツムツムやろー、500円使うし!」
流石上手なゆかりんと、ツムが詰まりまくっているNATSUKAさん。


新ミッション
夏 佳:同性と20秒手をつなぐ


長田くんに自分の靴を押し付けようとする佐々木さん

ゆかり「おやー、おやつだ。」

ダジャレクリアで新ミッション
ゆかり:同性と20秒手をつなぐ


_人人人人人人人人_
> 利害の一致! <
 ̄YYYYYYYY ̄

ゆかりん&NATSUKAさん手をつないでスキップ 「「イェーーイ」」」」
                           ↑アウト

他にも2vs2でエアホッケーしたり、クレーンゲームで他の人が取りかけた景品を横取りしたりとゲーセンを満喫した4人なのでした。

最後はみんなでマリオカートして終わり。

1位 ゆかりん
2位 佐々木さん
3位 NATSUKAさん
4位 長田くん

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

わっし「田村さんがダジャレを言うたびにむこう(映像)もこっちも静かに・・・」

   「続きいまして『人間ワニワニパニック

ワニの替わりに、3人のスタッフが手をだして、ゆかりんが叩くというもの。
叩かれたらスタッフが「いてっ!」と言う設定。

わっし「試しにやってみましょう」

ゆかり「えい」
ワニ1「いてっ」

ゆかり「えい」
ワニ2「いてっ」

ゆかり「えい」
ワニ3「痛ぇえ!」

わっし「左端の『いてっ』だけリアルなんだけど、大丈夫ですか?指折れたんすか?」
  
   「1いてっ=1pt、3分で100ptでクリアです。」
   「見られる映像は『英語禁止 ダンボール猫プロジェクト』」


人間ワニワニパニックスタート。
「いてっ!」「いてっ!」「いてっ!」「痛ぇえ!」
相変わらず一番左のスタッフだけすごい痛そう。

時間半分すぎたあたりで
ゆかり「もう、おこったぞー!!」
   「ヤバイ!早い!早い!!」

手を出しっぱなしのスタッフ扮するワニ1
ワニ1「いていていていていていていていていて!!」
わっし「おい、長田バカか?甘すぎるぞ?!」

ゆかり「ハァハァハァ・・・」
   「これ、後ろ姿やばくない?(パンツ見えそう)」
わっし「今更ですか?」
ゆかり「どうしよう~」

なにを思ったか、ワニワニパニックの台上に脚を伸ばして横向きに座る。
パンツは見えないけど、これはこれでGOOD。

 

ゆかり「ハァハァハァ・・・」
わっし「終了です。」
   「ワニの方にも感想を言っていただきましょう。」

ワニ3「痛ぇ・・・痛ぇ。」
わっし「大丈夫すか?痛風じゃないですか?薬ありますよ?」
ワニ2「とっても楽しかったです。」
ワニ1「まさかワニになる日がくるとは。今後共よろしくお願いします。」

わっし「さぁ、100点いっているかどうか・・・」
   「254点!圧勝です。ワニジェノサイド!」

ゆかり「これ、後ろから撮って欲しかったな(ワニスタッフが面白いから)」

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『英語禁止 ダンボール猫プロジェクト』
    ~ダンボール猫づくり対決~

谷さん「チーム対決で、日本語禁止タイムを導入します。」


それぞれのミッションはこんな感じだったような。

ゆかり:おやつを10個食べる カッターで失敗する
長 田:好きなゆかりんの歌を聴く
佐々木:シモネタを言う 
夏 佳:相手のダンボールにGUNDAMと書く 誰かの手に落書き

まずはチーム決め
一同「グーパージャス」

ゆかり&佐々木 VS 長田&夏佳

長田「前回の1・2位と3・4位じゃないですか。」

ゆかり「このお菓子のラインナップおかしいなー」

佐々木「なんかこれ、[ピーー]に見えないっすか?」
全 員「「「!!??」」」

ゆかり「おーっと!!(切ってはいけないところカッターで切断)」→クリア

新ミッション
ゆかり:相手チームのネコに飲み物をこぼす

佐々木「なんかこれ、乳首に見えないっすか?」
   「これオスっすか?メスっすか?メスか。じゃあ[ピーー]ついてないっすね」

■1分間日本語禁止タイム■

Yukari「ディス サークル カッティング!」
sasaki「ヘイ ユカリー」

新ミッション
Natsuka:アメリカ大統領のモノマネをして誰かが当てる

Natsuka「イエス ウィ キャン!イエス ウィ キャン!」
Osada「え・・・オバマ?」

あと、長田くんの英語がめっちゃ流暢だけど、誰も理解できないという展開。


新ミッション
長田:ゆかりん曲ですきな歌を聞く

長 田「NATSUKAさん、ゆかりんの歌で好きなのなんですか?」
夏 佳「英語だから言えない。」
長 田「え~~」
夏 佳「ちっちゃい・・・、[腕を胸の前で交差させる]」←ちっちゃいウィッシュ!


勝負は13-9でゆかりんチームの圧勝。

完成したダンボール猫をかぶって、ゆかりんが軽快なステップを踏んでました。
最後にどちらがつくったダンボール猫が完成度が高いかスタッフで挙手。

ゆかり「へー・・・、この人達そうだったんだ。」
わっし「やめなさい!」

ゆかりんのプレッシャーもあり、完成度もゆかりんチームの勝ちでした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


そろそろ宴も酣

わっし「本日ゆかりんの頑張りもありましたが、全部の映像はみれませんでした。」
ゆかり「(ティッシュ落ちてこないかなー)」
わっし「ファンを見ろ。」

わっし「それでは田村さん、最後の映像紹介を英語禁止で。」
ゆかり「『ひだまりの百合』というツアー旅公演、その中の千秋楽の『感謝』という」
   「曲がありまして、ピカピカ、ひらひら、が飛んだり飛ばなかったり、」
   「事故みたいな思い出でした。今回バンド楽団のみんな、踊り子の皆さんに」
   「ニコ動のコメント言葉を電子で書いてもらい、ニコ動風のヤツにして書かれた」
   「熱い言葉です。御覧ください。ピンクのヤツがゆかり。」

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

千秋楽のGratitudeの映像に、スタッフによるコメントをニコ動風に流すというもの。
どうやらBD/DVDにも収録されてそうないいぶりでした。
感覚的にはゆかりちゃんねるでライブ動画流してる感じ。そのスタッフコメver

印象的なコメントは

・下コメで \ゆかりぃぃん/
ハジメちゃんの髪の毛どうなってるのかなー
・(みんなが花道に行って)イーグルさん一人が・・・
・イーグルがセンターステージに来る日はくるのか・・・
(´-`).。oO(歌詞間違えたけどバレてないバレてない)
背中こないー!
  ↑JACKが背後にきて、背中を合わせて歌おうと思ったのに、JACKが素通り。
・金テープ飛んだー!
・飛んだー!
・きれいー!
・みんなニヤニヤ
・\(いろんな意味で)ありがとう!/

他にもスタッフさんの素直な気持ちが書かれていて、感動的な動画でした。
特攻テープ飛んだ時の弾幕がすごい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最後にSunny side Lilyのジャケット写真を公開。
長田くんが流暢な英語で紹介してくれました。
流石キングレコード、いい大学でたんでしょう。

わっし「ということでございました。」
   「なんか疲れたね。ティッシュ。」
ゆかり「疲れた!」
わっし「みなさんどうでした?」
ゆかり「ワニワニパニック、スタッフが痛っていうの楽しかった」
わっし「全編通してどうでしたか?」
ゆかり「ツアーの思い出、思い出してくれたらいいなーと思ってやりました。おわり。」

わっし「約1年ぶりの大阪でした。日雇いですが、また一緒にやりましょう。」
   「ということで、本日の鷲崎健と」
ゆかり「田村ゆかりでしたー。」

 

 

 

公演時間ほぼ3時間。
今までのようにファン参加企画がなくてちょっと寂しいですが、
いつもどおりの駆け足なライブコーナーと、気怠いゲームコーナー。
今年はそれに加えて、緩めながら様々な撮りおろしの企画映像。
いつも以上に『自由奔放なゆかり姫を堪能できる』FCイベだった気がします。
ペンさんを終始ずっと抱いてるゆかりんは可愛かったです。