読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イベント「夜の部:怪盗天使ツインエンジェル10th Anniversary ~天使と勇者の祝賀会~」

イベント

 2016年10月2日に品川ステラボールで開催された

ツインエンジェル10周年イベント
天使と勇者の祝賀会

スタンディングですが昼夜共に参加できてよかったです。

以下、夜公演におけるゆかりんメインの簡易レポートになります。
(発言者等うろ覚えの箇所がありますがご了承ください。) 

 

 

開場時間の17:00に現地につくと、スタンディング用の待機列に並び、
昼と同じくぞろぞろとステラボールへ列移動します。ちなみに私は100番台後半でした。

昼公演よりも番号が若かったので、スタンディングエリアのわりと前の方までこれました。
昼公演のゆかりんのステージ立ち位置を思い出して、見やすい位置にスタンバイ

 

定刻通り18:00に開演。
スクリーンにミスティナイト様が登場。影ナレが始まります。

檜山「カメラ、録音機器は禁止だ。心のシャッターで記憶してくれ。」
  「ライブパートでは1階席は全員起立!大いに盛り上がってくれ。」
  「ただし、2階席のみんなは危ないから立たないように。」
  「激しすぎる動きは、家だけにするんだぞっ。」

みたいな内容でした。


そして会場に明かりが灯り、本日のゲストが登場。

登場順に敬称略で
田村ゆかり能登麻美子釘宮理恵堀江由衣柚木涼香檜山修之、やまけん(MC)

ゆかりんの挨拶は遥らしく元気いっぱい。
田村「はいっ、水無川遥役、田村ゆかりです。宜しくお願いします。」

 


最初のコーナーは「10周年トーク」改め「雑談コーナー」

やま「雑な記憶を思い出すコーナーです。」
田村「もう一回やったからねっ。」
やま「対策ねってないでしょ。控室で飯食ってただけだったろ。」
  「では振り返りますよ!」
田村「いいですよ(キリッ」

 

ここで昼公演とは異なる快盗天使ツインエンジェル年号が登場

田村「あれ?!全然違う!年号が違うっておかしくないですか??!!」

戸惑いを隠せないキャストをよそにコーナーは始まります。

やま「10年前はどんなメンバーだったでしょうか」
田村「ハイ!」ノ
やま「田村さん、能登さん、檜山さんですね。」
檜山「今、ステージにいる中ではって話な。」

やま「2008年1月、ラジオ『えんじぇるタイム』が放送開始しました。
田村「これ、キャラがしゃべるヤツだ!」
やま「そうですね。ラジオドラマみたいな感じで。」
檜山「すごい、(田村)覚えてる!?」

やま「2009年3月、パチスロ『ツインエンジェル2』が発売」
  「クルミちゃんとツインファントムが登場しました。」
  「2011年6月、『○○○○○』放送開始、さて何でしょう。」
田村「6月からって中途半端だから罠だと思う。中途半端に始めてもいい何かじゃない?」
やま「ネットラジオ『放送天使ツインエンジェルR』が放送開始しました。」
田村「・・・。」
能登「・・・。」
やま「でてる二人の顔が地蔵なんだけど・・・。」

堀江「何の話してたの?」
田村「・・・ツインの話。」
能登「ゲストに金朋ちゃんがきたよね。」
田村「あー、覚えてる。私、途中で諦めた気がする(笑)」
(途中と言うか開始1分で「あたし今日ムリだから」って発言してましたね。)

能登「女子力がないって話をしてた気がする。ゆかりさんは鞄の中にポーチがあって。」
田村「私は整ってる方。」
やま「能登さんはぐちゃぐちゃ?」
能登「(うなずく)」
堀江「ふーん。」
田村「今、『ふーん』てしてるけど、あの人もだから。」
堀江「えー?」
田村「だって、食べかけのゼリー飲料とか入ってる。」
やま「いつの?」
堀江「今」
田村「ハイハイ、嘘でーす。」
堀江「賞味期限もってるもん。」
田村「なんでキレてるの?」
堀江「ゆかりたんのせいでしょ!!まみたんの話だったのに・・・。」
  「遭難してもあげないからね!」
田村「遭難したとして『これ食べる?』って言われても『いや、いらないです。』」
堀江「それは遭難したことのない人のセリフです。」

柚木「軽いと不安っていうのはあるかも」
堀江「これ、休憩の間に決着つけましょうね!」
田村「いや、いいです。」
堀江「遭難しても絶対あげないからっ!」

 

やま「2012年6月からは『放送紳士ツインマスクR』がありました。」
檜山「力也さんとやりましたね。楽しかったですよ。全然関係ない、女の話とかして。」
田村「大人向けの番組だったの??」
檜山「あの新幹線の売り子が可愛いとか話してましたね。」

 

やま「2017年、ノベルゲーム『ツインエンジェル~○○○○○~』が発売予定。」
田村「これはまみたんが知ってる」
能登「ええ?!」
檜山「田村、おまえ昼の部でひとにパスすればいいと考えたな。」
田村「みんなで考えようよ。・・・真面目なヤツだから『精神の~』とか?」
釘宮「わかった!・・・でもどうしよう、間違ってたら。」
田村「言ってみよう!あってるよ。」
釘宮「やっべー、すごい悪魔。えーっと、2文字か3文字なんだけど。」
田村「どっちだと思う、まみたん?」
能登「ええ?!」
釘宮「私が思ってたのは、『時計』」
田村「『時計仕掛けの』?」
やま「他の作品の話をするな!!」
柚木「なんか、・・・『楽天トラベル』みたいな感じだった気がする」
やま「楽天トラベルなわけないだろ!」

 

《正解》~そして神話の乙女たち~

田村「ハイハイ!近くない?『精神と』・・・」
やま「近くねーよ!!」

やま「年表のこれと勘違いしてません?」
『2011年8月 ゲーム:怪盗天使ツインエンジェル~時とセカイの迷宮~』

一同「「「こっちだーー!!!」」」
やま「うるせーーーーー!!!」

 

 


次は新作ゲーム『ツインエンジェル~そして神話の乙女たち~』の紹介コーナー。
担当はビットプロモの松原さん、サミーの懐芽さん、そして能登さん、ゆかりん

まずはPV(OPムービー?)が流れます。
今回は遥と葵のお母さんが登場するこということで、キャストが気になるトコロ。
実際の登場シーンをプレイしてみると、遥のお母さんはなんと井上喜久子さんでした。

やま「声を聞いてみてどうですか?」
田村「これ、真剣に答えるやつ?・・・なんかエロいなって///」

やま「葵のお母さんはチャキチャキしてて、遥のお母さんはおっとりしてるんですね。」
懐芽「遥の母は小児科の開業医で、葵の母はIT企業の重役という裏設定があるんです。」

今作は、ストーリー重視の作品らしく、いつもは大人しい葵が感情を露わにするシーンも
あるそうで、ツインエンジェルの深い所までつっこんだ内容になっているとのこと。

懐芽「ネタバレになっちゃうんで言えないことが多いんですけど・・・」
  「ゆかりさん、本作のみどころをピー音を交えて説明してくれます?」
田村「えー!?」
  「・・・遥って、ミス“ピー”ナイト様が」
やま「そこはいい。」
田村「ミスティナイト様のことが大好きでしょ。」
  「“ピー”のことが掘り下げられて“ピー”と“ピー”が“ピー”であることがわかるの。
  「最終的に、如月先輩の“ピー”は遥に対して“ピー”だったの。」
田村「あってますよね?」
松原「あってる(笑)」
やま「ちょっとまって、これエロゲー?」
田村「ううん、すっごい泣ける。」
  「葵は如月先輩の“ピー”を知ってる。全ての“ピー”を知ってるの。」
やま「ちょっとまって、これエロゲー?」
田村「その“ピー”がキーになる。」
  「表も裏も泣ける。」
懐芽「表ルートと裏ルートがあって・・・あ、裏ってそういう意味じゃないですよ?」
やま「あたりまえだーーー!!」
田村「私は遥だから、表だとモヤモヤするんだけど、裏はもう――――泣く。」

 

発売は2017年1月ですが、今年12月に無料で1話を配信する予定だそうです。

懐芽「コミケの待ち時間にやれるように(12月配信に)しました。」
  「一応、コミケに並んで待つように準備しています。」

これは冬コミに向けての告知が楽しみですね。

 

 


次は朗読劇のコーナー。
下手側にはキャストが、上手側には着ぐるみ(外の人)達がスタンバイ
声優イベントではおなじみのコーナーですが、演じるキャラクターもステージに
いるというのは新鮮ですね。

ストーリー設定は、昼夜イベントの間の待ち時間って感じ。

 遙 「昼の部おつかれさまー」
 葵 「夜の部もみんな来てくれますかねー」
クルミ「真の勇者なら二回まわしなんて当たり前よ。」
ナイン「もう一回きて楽しいのか、疑問。」

なんて言い合っていると、ミスティナイトの声とともに檜山さんが登場。
檜山さんだけは中の人=外の人なんですね。

クルミ「ミスティナイト様、今朝見せてくれた極秘映像をまた見せてください。」

というところで、昼と同様に新作アニメ「ツインエンジェルBREAK」から
天月めぐると如月すみれ(の着ぐるみ)がムービーで登場。

めぐるは天真爛漫。すみれは低血圧な感じだけど、お兄様(唯人)大好きらしい。


新主役の登場に驚きを隠せないキャラ達は、

クルミ「ツインエンジェルなのに2人組だなんて!」
テスラ「3人なのにツインエンジェルってのを逆手にとってるわ」
ナイン「ツッコミ待ち・・・」
クルミ「あんなチャラいのと、やる気ない2人には任せられないわ!」

そんなこんなでクルミさんご立腹で夜公演に向かうのでした・・・。

 

 

 

そして次のコーナーはアニメ「ツインエンジェルBREAK」の紹介コーナー
担当は引き続きサミーの懐芽さん、そして監督、プロデューサー、釘宮さん。

ここで気になるキャスト陣が発表、

天月めぐる:M・A・O
如月すみれ:茅野愛衣

お二人からのムービーも流れます。

監督や制作会社は据え置き。しかしキャラクターデザインは変更となりました。
懐芽「キャラデも今に合うように新しくしました。」
  「いや、今のも10年前は新しかったんですよ?」

岩崎監督曰く、100人以上のオーディションの末に主役が決まったらしく、
いろいろ議論があったようです。

やま「2人共おっとりしてて若いのにフレッシュじゃないですね(笑)」

しかし、キャスト陣の中で唯一指名だったのが、ハリネズミのみるくちゃん役
釘宮理恵さん。

懐芽「みるくちゃんは、ツインエンジェル道を2人に説いてくる面倒くさいヤツで」
  「具体的には『1人足りない!』とか、誰かみたいなことを言います」
  「みるく的には『あんなチャラいのとやる気ないのにはまかせられない』とか」

  「・・・ってアレ??」
  「言うなれば、昔のツインエンジェルを知ってる唯一のキャラなんです。」

うーん、みるくちゃんって一体なんなんでしょうなぁ。

 

その後、サプライズムービーということで、新谷良子さんが登場。
サロメも9周年ということで、どうして会場にいないのかと嘆く新谷さん。
ゲームの収録中らしく「今回はしょっしょだけじゃない!」とセリフが多い模様。

締めの言葉は、新谷「ってことで、しょっしょの人でしたー。」

 

 

 

次のコーナーは『クイズだヨ!ヒロイン集合!』
エンジェルチームvsファントムチーム

勝利したチームには5年前と同じように高級さくらんぼをプレゼント。
1箱35粒入でなんと1粒2000円。
勝負内容はジェスチャーゲームで、ジェスチャーするのは外の人、当てるのは中の人。

やま「昼は2問ずつでしたが、今回は1問ずつ交互にします。」
  「昼公演はエンジェルチームの勝利でしたが、ファントムチームが勝ったら」
  「エンジェルチームの(さくらんぼの)目録を奪えます!!」
田村「ドロボーじゃないか!!」
  「能登ちゃん(昼にもらった)目録どうした?」
能登「スタッフに渡しちゃった・・・」
田村「バカーーー!!!」

 


先攻はファントムチーム。最初のお題は『回転寿司』

テスラとナインが指で丸を描いてお皿が回っていることを示してから、
お寿司を食べるジェスチャー

堀江「お寿司!回転寿司ッ!!」 ★即答正解!

堀江「真面目に答えちゃった///」
やま「お寿司回転寿司!って自分の回答に食い気味」
  「人気の声優もさくらんぼがかかるとあんななっちゃうんだね」
檜山「これが声優だ!」

 

続いてエンジェルチームのお題は『ヲタ芸

遥がロマンスを披露。

田村「ハイハイ、ヲタ芸ヲタ芸!」 ★即答正解!

やま「だからなんで2回言うんだよ。」
田村「2回言ったから2ptください。」
檜山「昼の部とうって変わってハイレベルだな」

 

 

続いてファントムチームのお題は『新体操』

ナインが頭についていたマリモを腕の上で転がす。

柚木「新体操!」 ★即答正解!

柚木「まりも役に立った!すごーい!」

 

 

続いてエンジェルチームのお題は『メリーゴランド』

遥、葵、クルミが円になって上下しながらくるくる回る。

田村&能登「メリーゴランド!」 ★即答正解!

檜山「ワールドカップのPK戦みたいな緊張感あるな」
  「イベントだけどボケないの?」

やま「(テスラとナインが)もうスタンバってる(笑)」

 

 

続いてファントムチームのお題は『シンデレラ』

指で時計の針の12時を表現してから、テスラが階段を駆け下りる。

堀江「シンデレラ!」 ★即答正解!

 

続いてエンジェルチームのお題は『鶴の恩返し』

葵が機織りをしているのを、遥とクルミが襖の隙間から覗き込む。

昼公演で『クレーンゲーム』を『鶴の恩返し』と誤答したゆかりんが答えると思いきや

田村「・・・・・・?」

釘宮「鶴の恩返し!」 ★正解!

やま「なんでお前が答えないんだよ!」
田村「鶴?今の全然違うよー!」

 


続いてファントムチームのお題は『宇宙飛行士』

スペースシャトルが打ち上がった後、テスラとナインが月面を歩くようなジェスチャー

堀江「花火」
柚木「ロケット」
堀江「宇宙飛行士!」 ★正解!


すかさず遥・葵・クルミがステージにあがり「早くしろ」とジェスチャー

やま「少しくらい、宇宙飛行士の余韻に浸らせろ!」

このあたりになると、お題が提示されたあとの着ぐるみ達の打合せも念入りに行われます。

 


続いてエンジェルチームのお題は『名探偵』

遥が何かで葵を狙うと、葵が倒れます。そして遥が胸元についた変声機で・・・

田村「コナン!名探偵コナン!」
  「名探偵!」 ★正解!

やま「他の作品を連呼するな!」


そして残り時間も少なくなってきたということで、次の問題がラスト。
両方正解の場合は、正解までの時間で勝敗を決めることに。

田村「それはボケをころすことになるけどいい?」
やま「いったいいつボケた!?」

 

 

そしてファントムチーム最後のお題は『浮気』
難易度の高いお題に会場がざわつきます。
テスラとナインの入念な打合せの後、ジェスチャースタート。

ナインが誰かと腕を組んで歩いて、仲よさげに話をしています。
それを物陰からこっそり覗くテスラ。
ナインがその誰かと別れると、テスラがナインに掴みかかります。
テスラ「あの女(男?)はなんなのよ!!」(←そんな声が聞こえてきそう)


堀江「浮気!」 ★正解!なんと17秒!

堀江「17歳なんで!」

当てるほっちゃんも凄いですが、外の人の演技力も凄い(笑)

 


そしてエンジェルチーム最後のお題は『遠距離恋愛
こちらも高難度なお題に会場がざわつきます。
遥と葵、クルミも入念に打合せをします。

ほっちゃん、「(打合せ)長くないですかーー???」とヤジをいれる。

そしてジェスチャースタート。

遥と葵が仲良く腕を組んでステージ真ん中まで歩いていきます。
何か言葉を交わすと、2人は反対方向へ別れて、ステージの両端へ。
愛おしそうに受話器を握って、ステージの両端から見つめ合いながら電話をします。

田村「遠距離恋愛?」 ★正解!

やま「残念、でも26秒です。」
田村「こっちはお題が難しくて、お客さんが『あ゛ーーこりゃムリだ』ってなったもん」
堀江「浮気も『えーーーー』ってなったよ!」
田村「☆さくらんぼ食べたいー☆」
堀江「可愛い声に騙されちゃだめです!」
田村「コイツラがノロノロしてるから悪いんだよ!!」
やま「外の人をいじめるな!」
堀江「ヒトって醜いですね(聖人声)」
やま「ピンクと緑、仲良くしろ!」


ジェスチャーゲームはファントムチームの勝利で幕を閉じました。

帰り際に力こぶを作って腕を叩いてみせるナイン。
やま「あんなんでもドヤ顔に見えるから不思議だよね(笑)」

 


さくらんぼ争奪戦が終わり、ステージが暗転。
あべにゅうぷろじぇくとのライブコーナーが始まります。
佐倉さんと着ぐるみたちで2曲歌っていただきました。

・オンナのコって♪マジ☆超えんじぇる!!
・ラブリー☆えんじぇる!!

 

 


最後は出演者全員がステージに立って、順番に挨拶。

うつ向くゆかりんの頭の撫でて慰める能登さん。
田村「今日はさくらんぼ祭に参加できて楽しみかったです。」
  「昼はさくらんぼもらえたのに、夜はもらえなくて、山分けしない?」
堀江「この子たちと?(テスラ・ナイン)」
田村「私たちに。」
堀江「山分けしますよ?」
田村「私たちに?」
やま「仲良くしろ!!」

田村「えっと、10周年ツインエンジェルをやれて、6人でやれてうれしいです。」
   ※田村ゆかり能登麻美子釘宮理恵水無月遥・神無月葵・葉月クルミ
堀江「敵がいたから盛り上がったんだよ?」
田村「じゃあ、もう味方だからいらなくない?」
やま「仲良くしろ!!」

田村「今日の因縁は5年後に必ずかえします。ありがとうございました。」

やま「プロレスのマイクパフォーマンスみたいだな。」
  「では、最後は座長から。」

田村「これからも、ツインエンジェルにおまかせだよ―!」

最後に特効テープが飛び出して、音にびっくりするゆかりんでした。

 

 

 

後半のジェスチャーゲームは誰もボケないという異様なガチ勝負でしたね。

柚姉が最後に「着ぐるみ全員出演のミュージカルが見たい」と言うように、
彼女たちの演技も素晴らしかったし、間髪入れず答えていくキャスト陣も笑えました。

ところで、お題『鶴の恩返し』に対するゆかりんの回答は流石でしたね。
お題がでた段階で会場は爆笑でしたが、誰もボケないガチな流れがウケている中、
わざとらしく奇天烈なことを言っても場を白けさせる可能性もあります。
そんな中、『沈黙』という選択肢でボケてきたゆかりん。流石です。

f:id:kuriste:20161025221255j:plain